【まとめ】目からウロコ!眼科医による眼科コラム集


餅は餅屋」という言葉があります。
何事でも、専門家の意見は参考になります
専門家にとって当たり前のことでも、素人にとっては目からウロコだったりすることがよくあります。

私は一応、眼の専門家です。
私の持っている知識の中には、一般の人の知らない有益な情報がたくさん眠っているはずです。

眼科医による眼科コラムが増えてきたので、まとめをつくってみました。

■眼科医が答える「レーシックってどうなの?」

世界ではレーシックは屈折矯正手術のスタンダードの一つであり、その患者満足度は非常に高いです。
近視人口も年々増加しており、世界では手術件数も右肩上がりです。
一方わが国ではいくつかの問題が起き、またセンセーショナルにマスコミで報道されたために「アヤシイ手術」という印象を持っている方が多いです。
世界と比較し、日本でだけレーシックは衰退しています。

眼科医だと名乗るとしばしば聞かれる「レーシックって実際のところどうなの?」という疑問に答えてみました。

近視の人全員に盲目的に推奨するべきものではありませんが、正しくその利点・欠点を理解すれば、過度にアヤシイものではないことが分かります。
だからこそ、世界で受け入れられている手術なのです。

レーシックに適した眼なのか、適したライフスタイルなのか。
きちんと術前にプランニングをすれば、術後に大きな満足が得られます。

また眼科医がレーシックをしない理由についても書きました。
眼科医がその理由をきちんと主張しないのも、国民が怪しむ一因になっている気がします。

記事ではホリエモンのkindle書籍も紹介していますが、ホリエモンならではの鋭い目線で考察されていて参考になると思います。

正しい理解、正しい知識は力です。

眼科医が答える「LASIK (レーシック)ってどうなの?」

■眼科医が選ぶコンタクトレンズ

近視の増加する現代において、コンタクトレンズは正しい商品を正しく使用することができれば、きわめて有用な文明の利器です。

私も強度近視なので裸眼では全然見えません。
普段は眼鏡を使うことが多いですが、手術のときやスポーツするときなど、コンタクトレンズを便利に使っています
(手術中は手を清潔に保たないといけないので、眼鏡も自分では触れません 術中に眼鏡がずれたりするととても不便なんです)

しかしレンズ選び(どの商品を使うか)や使い方を誤ると、おそろしい合併症を引き起こす可能性があります。
とくにコンタクトレンズは若い人がよく使うため、合併症が起きてしまうとその後の人生ずっと苦労することになります。

一生視力が回復しない高校生なんて、診察する私たち眼科医も辛くなります。
自分の眼をきちんとケアすることを忘れないようにしましょう。
自分の眼は、自分で守らなければいけません

眼科医が選ぶコンタクトレンズ

■JINSやZoff…格安眼鏡店ってどうなの?

安く眼鏡をつくれるお店が、昔と比べてずいぶんと増えました。
おかげで眼鏡は市民権を得て、お手軽なファッションアイテムにすらなりました。

しかし資本主義社会において、価格は嘘をつきません。安いには安いなりの理由があります。
それを理解し、安さゆえの問題点をうまく回避することで、よりよい眼鏡ライフを送ることができます。

私は格安店を全否定したりはしません。
むしろこれまで、そういったお店で何本も眼鏡をつくってきました。

ただ知識がないまま利用すると、落とし穴にはまってしまう可能性があります。
上手にサービスを利用して、格安眼鏡店の良さを引き出しましょう。

格安眼鏡店の功罪 眼科医の考える長所と短所

■アトピーやステロイドと眼の関係

アトピー性皮膚炎といえば皮膚科の疾患と思いがちですが、実は眼科とも深いつながりがあります。
アトピーによって生じる重篤な眼合併症はたくさんあり、かつ治療も難しいものが多いです。

またアトピーも含めてさまざまな病気の治療にステロイドは不可欠ですが、ステロイドによる眼の合併症は見逃されやすく注意が必要です。
気が付いた時には失明寸前、ということにならないよう眼のケアもしておかなければいけません。

アトピーで失明? アトピー性皮膚炎は眼科の病気でもある

ステロイドは悪魔の薬? 眼科とステロイドの複雑な関係

■「くすりはリスク」何気なく飲む薬に隠れる、恐ろしい危険

検査、薬物治療、手術・・・ありとあらゆる医療行為は、必ずリスクを内包しています
100%安全な医療行為は存在しません

「なんとなく心配だから」
「なんとなく効く気がするから」
過剰な医療を求めることがいかに危険なことか、少しでも頭に入れておけば、恐ろしい危険を未然に回避することができるかもしれません。

たとえば、市販の風邪薬で失明したり、命を落とすことだってあるんです。

「くすりはリスク」その薬、飲んでも大丈夫?

【恐怖】くすりはリスク:市販の風邪薬で発症する超重症の眼疾患

■To be continued…

眼科関連の内容で取り上げてほしいものがあれば、TwitterやFacebook、あるいはこの記事にコメントを残して下さい。
確約はできませんが、善処します!

読者の方と、双方向でやりとりができればうれしいです。


コメントを残す