【婚活】フェリーチェ(FELICE) 医師向け結婚相談所に登録してみた


先日記事にした、男性医師の婚活パーティーでは結局ピンとくる人は見つけられませんでした。(まあそんなに最初から上手くは行きませんよね・・・)

その模様はこちらに記しました↓

医師限定の婚活パーティーに行ってみた 「エクシオ シンデレラナイト・男性医師編」

さて、非モテ・ブサメンの私の売り・取り柄って何なんでしょうか・・・
親族をみる限りでは、ツルツルハゲにはならなさそうです。
親族や自分をみる限りでは、デブでもありません。

筆記試験は得意。
服装は清潔感には気を配っているが、おしゃれとは到底言い難い(≒ダサい)・・・ふだん眼鏡ときどきコンタクトレンズ・・・
自分で言うのもあれですが、外見的魅力が皆無であることは確かです。。

勇気を出して好きな女の子に告白をしたら「とりあえず顔キモい」と言われて振られた過去があります悲
「とりあえず」って何やねん・・・(´・_・`)

・・・そうやって考えてみると、ないんですよね、取り柄が。
医師免許しかないんです
親の学歴もなければ資産もなく、家柄も平民(中の下)レベルです。話もおもしろくないし、外見も優れない。

がり勉眼鏡の投資好き」って、字面にするとホラーです。
投資自体も、世間ではあぶなっかしいギャンブルと同じように思われていますからね。。私の投資スタイルは無理をしない正攻法で、ちゃんと無リスクの現金資産も十分準備してある正統派なんですが…

同期がほとんど結婚した中で売れ残っているという時点で、残念ながら非モテ度合いはお察しです。
そうすると悲しい話ですが、婚活で私は、医師免許を売りにするしかないんだなと最近思うようになりました。
他に魅力がないのだから、安定して給与所得を生み出せる、社会的ステータスの高い医師免許という価値を押し出していかなければならないと悟るようになりました。

■医師のための結婚相談所・医師と出会える結婚相談所


婚活関連の費用は、全般的に高い
です。
婚活パーティーでも婚活アプリでも男性のほうが多く払うし、結婚相談所は入会金だけで30万円くらいかかったりします。(そんなお金があったら株を買いたいw笑)

ただ医師の場合は医師免許という付加価値により、割安に相手を探せることが分かりました。
どこまでもコスパ重視です。。

男性会員を医師に限定し、男性の婚活費用を抑えた結婚相談所がいくつかあります。

■誠心(SEISHIN)

ネット検索では「誠心(SEISHIN)」という結婚相談所について、一番たくさんの情報が出てきました。

問題点としては、兵庫や神戸に拠点がないことです。
また資料を請求してみたところ、男性医師の場合は入会金が10万円弱かかるとのことでした。

個人的には、まだちゃんと信頼することができない企業に、イニシャルコストとして何万円も払う、というのは少し気が引けます。
実際どうなのかは、登録していないので分かりませんが・・・
ひとまず据え置くことにしました。

■フェリーチェ(FELICE)


次に多く情報が得られたのがフェリーチェ(FELICE)でした。
芦屋に拠点があるため、兵庫の人間としては相手を探しやすそうです。

誠心(SEISHIN)との大きな違いは料金体系で、フェリーチェは完全な成果主義になっていました。
男性医師の場合基本的な利用料は無料で、女性とマッチングしてお見合いをすると、そのたびに1万円(女医なら2万円)かかるというシステムでした。

また成婚した場合には20万円かかります。

怪しい企業にいきなり大金を払うよりは、利用した分だけ対価を払うほうが、私の考えには合います
必要なものには惜しまずきちんとお金を払い、不要なものへの支出は極力避けたい、と常日頃考えているからです。

その他同業他社はいくつも見つかりましたが、誠心とフェリーチェが二大巨頭のようでした。
この2つ以外は会員数・規模が小さかったり、あるいは関西の拠点が充実している会社が少なそうでした。

両社を比べるとフェリーチェのほうが方針やシステムに自分としては納得ができ、ネット上の評判も悪くなかったので、とりあえずフェリーチェに登録してみることにしました。

フェリーチェの入会登録

資料を取り寄せたところ連絡があり、必要書類の案内がありました。
結婚相談所を利用するのは初めてでしたが、身元証明など含めてかなりキッチリしていました

大学の卒業証明・医師免許・独身証明・源泉徴収票など、公的な書類をあらかじめ準備しておき初回面談時に提出しました。
このあたりは虚偽が難しいので、男性会員の質はかなりきちんと担保されていると感じました。

また登録しようと思った動機や結婚観などいろいろとヒアリングされました。
私の価値観に合った人を探すためとおっしゃいましたが、本当に真剣なのか、遊び目的ではないかについても面接でしっかり調べられた印象です。

その後プロフィールカードをスタッフの人と相談しながら作成しました。
座右の銘とか趣味とか、すぐ書けるようにあらかじめ考えておくのがいいなと思いました。そういうのがあると、知らない人との会話も少しは弾みますしね。。

フリーメッセージ欄があり、私はそこを埋めるのに少し苦労しました。何を書いたらいいのだろう、と慣れない自己アピールに戸惑いました。

フェリーチェのシステム

男性には月1人、異性のプロフィールが送付されます。
女性には月2人、異性のプロフィールが送付されます。

受け取った側が「お見合いOK」と返事を出すと、今度は自分のプロフィールが相手に届きます。双方がOKになれば晴れてマッチング成立、顔合わせとなります。

紹介されるお相手

希望条件を自由に指定することができます。「女医希望」「未婚かつ大卒希望」など、好きにできるようです。

とりあえず私は 「年下」「キレイ系」「学歴希望なし」と指定してみました。
「どの面下げて・・・(以下略)」という批判はご容赦願います。。笑

相談所の方が言うには、男性会員のボリュームゾーンは35歳前後なので「Dr.Koalaさん有利です!」とのことでした。
お世辞かと思ったんですが・・・たしかに月に4-5人程度はお見合い申し込みが届きます。

他の男性医師にどの程度申し込みがあるのか分かりませんが、個人的には十分というか、ちょうどいいと感じています。
土日も学会や講演会・バイトがあったりもするので、あんまり多すぎると消化不良になってしまいます。

紹介頂く女性の職種はさまざまで、女医さんだったり学校の先生だったりアパレル関係だったり、本当にいろいろです。
条件は私の希望通りで、私にはもったいないようなすごく美人な方もいます。
もし相談所ではなく道端で話しかけたら「キモいんだけど」と確実に無視されるくらいの外見格差だと思います笑

医師免許があってよかったと思う、うれしいような悲しいような瞬間です。

お見合いの実際


実は早速、数人とお見合いしてみました。
写真が古すぎて今と全然違う!となってお断りした方、私はいいと思っても先方からお断りされた方(理由不明)など、まあいろいろですね。。

流れとしてはまず、仲介スタッフに双方の都合を汲んで日程を調整してもらいます。
場所はおしゃれなホテルラウンジです。こんなところ普段行かないのでそわそわします。
そわそわして周りを見渡すと、同じようにそわそわして周りを見渡している私と同じような人が居ました笑 あとはセレブ女性の女子会が大多数でした。

時間は90分で、お見合い終了後にコーディネーターの方に今後連絡を続けたいかどうかを伝えます。
双方がOKであれば晴れてマッチング成立、お互いの連絡先を交換します。

女性会員目線で考えてみる

というわけで、男性会員の質は信頼できると思います。
公的証明書類に関しては運用がかなり厳格でした。役所発行の独身証明書も発行3か月以内でないと受け付けてもらえないため、既婚者は当然排除されています。
私は本籍地を地元の某田舎のままにしてあるので、手続きが面倒くさかったです><

最初の面談でしっかり希望や意思を炙り出されるので、結婚を真剣に考えた男性しか最後まで登録できないと思います。
他社のことはしりませんが、医師との結婚を考えている人にはおすすめできる、真摯な会社だと感じます。

その他

その他にも、パーティーの開催やプライムセレクション(通称iPad祭り 以下注)などもあります。
私はそれらをまだ利用したことがないんですが、出会いの幅をさらに広げることができると思います。

※プライムセレクション(通称iPad祭り)・・・大量の相手プロフィールをiPadで眺めながら、自分で気に入った人を選んでお見合いを申し込むことができるそうです。ふだんのお見合いはスタッフの方が選んでくれますが、プライムセレクションでは自分で能動的に相手を選ぶことができ、より自分の好みに合わせてチョイスできることが評判のようです。

■医師向け結婚相談所 まとめ

お金で買える幸せもありますが、お金では買えない幸せもあります
高級車はお金を払えば買えますが、素敵な奥さん・素敵な家庭はお金を払っても買えません。

フェリーチェは信頼できる結婚相談所っぽいので、資産形成と並行してお嫁さん探しも頑張ります。。悲

 

男性医師との結婚 関連コラム

婚活って案外、職業とリンクしているなあと感じます。
出会いの少ない仕事もあれば、異性から引く手あまたの仕事もあります。
個人の資質も大事ですが、医師と結婚しやすい・しにくい職業は確実にあります。
どうせなら、戦いやすい土壌で戦うべきだと思います。

noteで限定公開している記事はこちら↓↓

【婚活】医者との結婚を狙うなら、どの職業が有利なのか
【婚活】医者との玉の輿結婚を狙え! 一般には知られていない、穴場職業とは

 

■関連記事はこちら

 

 


 

 

コメントを残す