デュアルディスプレイのすすめ


いつも使っているパソコンはノートですか?デスクトップですか?
モニターの大きさは何インチですか?

ディスプレイ環境を工夫することで、自宅での作業効率を大幅に改善することができます

ディスプレイサイズによる違い

スマホ
タブレット
ノートPC
デスクトップPC

大きい画面のほうが一度にたくさんの情報が扱え、作業効率が高いのは明らかです。

とくに医師の場合エクセル操作やパワーポイント作成などの機会が多いですが、処理速度の圧倒的な差を感じるはずです。
出先で大きなモニターを持ち歩くわけには行きません。しかし自宅では、快適な環境を自由に構築することができるはずです。
スマホで操作するよりタブレットのほうが
タブレットで操作するよりノートPCのほうが
ノートPCで操作するよりデスクトップPCのほうがずっと操作がしやすいです。
そして最も快適なデスクトップPCにおいて、モニターを複数台設置するとさらに効率が上がります。
一度デュアルディスプレイを経験してしまうと、もう元には戻れません。

最適なモニターサイズは


あまり大きすぎても、自分との距離は一定のため見にくくなってしまいます。
個人的には21型程度を二台並べるのが最も快適でコスパに優れると思います。(↑自宅の写真)

またデスクトップPCは持っていないという方でも、お持ちのノートPCに繋ぐだけでモニターを拡張することができます
ノートPCユーザーであっても、モニターさえあれば自宅で大きな画面を使うことができます

まとめ

一度デュアルディスプレイの世界を知ってしまうと、もう元には戻れないくらい快適です。
スマホやタブレットで一生懸命作業する同僚の行動を、理解できなくなる日が来ます。
より短い時間で、より優れた成果を目指しましょう。

ふるさと納税でPCディスプレイをゲットすることもできます (ふるさとプレミアム)↓

医師の節税 ふるさと納税は最優先!

また、マルチディスプレイ環境を整える場合は、マルチデバイスと組み合わせるとさらに生産性が上がります

適材適所のマルチデバイス環境で、生産性は加速する


Dropboxを導入することでスマホでもタブレットでもノートPCでもデスクトップPCでも、シームレスな環境を労せず構築することもできます。

Dropbox Plus 医師のクラウド活用術

マウスやキーボードなどのパソコン周辺機器を無線化・高機能化することで、さらなる相乗効果が見込めます。毎日使う作業環境だからこそ、かしこく整備しておきたいものです。

パソコン周りを簡単にスッキリ&高機能化する方法!ロジクールのUnifyingで周辺機器を無線化しよう

ショートカットキーは、主要なものを覚えるだけでもかなり作業を効率化することができます。
かかる費用はゼロで、今すぐ導入することができます
ぜひ試してみてください、コストパフォーマンスのよさを実感します。

【厳選】パソコン操作が一気に快適に!ショートカットキー入門で時短せよ


コメントを残す