資産形成の大原則


お金を増やすには

①支出を減らす
②収入を増やす
③資産を運用する

の3つの方法があります。
資産の減少を抑え、キャッシュフローを増やし、ストックを増やす
この3種類が資産形成のための大原則です。

では例えば、月に3万円(=年間36万円)資産を増やしたいならどうすればよいでしょうか。

■①支出を減らす

支出を減らすなら、月に3万円節約すればよいわけです。
月に3万円なら1日当たり1000円です。
飲みに行った時に一品減らす(飲み会の終盤なんて、何を食べても、あるいは何も食べなくても変わりませんよねw)、アルコールを1杯減らす、格安の携帯電話を使う、無駄なバッグを買わない
などなど、ひとそれぞれに支出削減できる項目があるはずです。それらを組み合わせることも可能です。

また毎月定額でかかるお金(=固定費)はとくに見直す価値があります
家賃が5000円安ければ年間で6万円になります。その他インターネットや携帯代、駐車場代など日々漫然と支払っている支出は、少し見直すだけで時間がテコとなって大きな節約効果を生み出します
固定費削減は支出管理の基本です。

たとえば私はiPhoneとiPadの両方にSIMを入れています(=wifiがなくてもいつでもどこでもインターネットが使えます)が、月々の支払いは合計2200円(もちろん通話料も含む)です。
みなさんの月々の携帯通信料はいくらでしょうか?↓

SIMフリー携帯とMVNO(格安SIM) 国内外で便利にお得にスマホを使おう

■②収入を増やす

収入を増やしたいなら、ふつうの人は仕事をしなければいけません
医師であれば、休日にアルバイトをすれば軽々賄えます。

【重要】若手医師のアルバイト戦略


ちなみにこんなテクニックも医師免許があれば使えます↓

【医師限定の隠れ収入】Amazonギフト券を年20万円、時間をかけずに稼ぐ方法

しかし一般のサラリーマンであれば、ちょっと大変ですね。仮に時給1000円のアルバイトをするならば、税金を無視したとしても本業とは別に1週間あたり7時間働かなければいけません。
土日のどちらかはつぶれるでしょう。
労働集約的な手段となるため、時間と代替して収入を得ることになります
しんどいことはしんどいですが、時間を投入することで収入を確実に増やすことはできます。

■③資産を運用する

③資産運用で月に3万円=年間36万円を稼ぎたい場合には、それなりの元手(種銭)が必要です。
たとえば配当利回り3.75%(税引き後で利回り3%になります)の高配当株を保有する場合、1200万円分の株を保有する必要があります。
すでに十分な金融資産があるならば、1200万円分の株を買うだけで容易に月3万円分の追加収入を得ることが可能です。
一方十分な元手が無い場合には、資産運用だけで安定的に月3万円を稼ぎ出すことは難しいでしょう。(配当利回りを上げようとすると、その分リスクが上がります)

これに関連した、投資と種銭や複利の関係についてはこちら↓

「複利効果を生かせ」は本当か

■資産形成の大原則 まとめ

お金を増やす手段としては
①支出減
②収入増
③資産運用
があります。

上記のように考えた場合、自身の所得や資産状況・仕事内容に応じて①②③を上手に組み合わせていくことが、資産形成の近道であることが分かります。

たとえば資産が少なく、仕事の稼ぎも少ない場合には②収入増も③資産運用も当てになりません。こういう人にとっては①支出削減が最もインパクトの大きい資産形成手段になります。

資産は少ないが収入には期待できる若手医師は、①支出減と②収入増のインパクトが大きいです。

一方既に資産が豊富にある人は、③資産運用で楽に月3万円を稼ぎ出すことができます。①支出減と②収入増を実現することができれば、さらに資産形成の効率が高まります。

私自身は、以前にも書きましたが地方の貧乏な家の出身です。
職業柄ある程度の給与収入は期待できますが、相続するような財産もなく自己資産は少ないです。
そんな私がもっとも効率的に資産を形成していくためには
日々の無駄遣いを減らす・しっかり節税するなどして①支出を減らす
医学的知識・技術を高めたり、バイトを増やすなどして②収入を増やす
ことにより資産を豊富にし、それを元手に③資産運用でお金にもお金を稼がせることが最適解だと考えて、このブログであーだこーだやっているわけです笑

まだまだ長い道のりは続きます。(私の資産形成の過程はこちら)

お金の使い方については、こちらで議論しました↓

将来の価値をふまえた、お金の使い方を提言!


コメントを残す