医師のiDeCo

iDeCoという制度を御存じでしょうか。
所得が高い人ほど有利な制度ですが、私の周りでは残念ながら知らない先生が多いです。

個人型確定拠出年金 iDeCo

その名の通り、国ではなく個人が運用する年金のことです。
60歳までこつこつ積み立てて、そのお金を年金として60歳以降に受け取ることができます。
積み立てたお金は自分で運用するため、各人の運用成績によって受け取れる年金額が変わります。

特筆すべきはその節税効果

勤務先によって異なりますが、拠出可能額は月23000円=年276000円の方がマジョリティだと思います。
驚くべきことに、自分の将来の年金であるにもかかわらず拠出額の全額を所得控除することができます。

並の勤務医であれば所得税+住民税の税率は30~40%になる人が多いですが、その場合の節税効果は毎年82800~110400円となります。
累進課税ですから当然所得の高い人ほど節税効果が大きく、つまり医師にとって有利な制度です。
これを10年20年と続けた場合の資産運用への効果は明らかです。

また運用対象は定期預金や国債など元本割れしないものも含まれます。
どうしても損はしたくないという場合には、元本を保証しつつ節税効果だけを享受することも可能です。
iDeCo口座内の運用に関しては非課税となるため、実際には金額の変動する商品の方が妙味がありますが…

iDeCOの欠点

強力な節税手段であるiDeCoですが、もちろん無敵ではありません。
60歳まで拠出金を引き出せないという欠点があるのです。したがって途中で引き出さないといけないようなお財布事情の場合には活用すべきでありません。
しかしここでも医師等の高所得者は有利です。
今の収入で、月23000円を老後のために貯蓄できますか?

おそらくさほどしんどくないはずです。しかもその金額のうち30~40%は減税されて手元に残ります。高所得者ほど、iDeCoにお金を回す余裕があるのです。

まとめ

「老後のために手つかずにしておけるお金を、月23000円捻出できる人」にとってiDeCoは最強の節税手法です。
万が一投資にアレルギーがあるのなら元本保証商品で運用すればいいのです。
正直に言って、医師の収入でiDeCoを使わないというのはマネーリテラシーが低すぎます。これほどメリットのある制度は少ないので、ふるさと納税と合わせてすぐに活用すべきです。

証券会社選びはこちらを参考に↓

医師の証券会社選び

口座を既に開いた人は、銘柄選びです。こちらを参考に↓

医師のiDeCo どの商品を積み立てるか



コメントを残す