【医師限定の隠れ収入】Amazonギフト券を年20万円、時間をかけずに稼ぐ方法


医師免許の活用方法はさまざまありますが、マイナーな活用法をご紹介します。

私は3年前から始めましたが、2015年は年間5万円・2016年は年間15万円・2017年は年間20万円のAmazonギフト券を取得できました。
効率よく稼ぐコツがだいたい分かったので、今年はもう少し増えそうです。
副業とまでは言えませんが、隠れ収入として家計を大いに助けてくれます。

ギフト券なら非課税

現金による雑所得と異なり、ギフト券は非課税なのが重要です。
現金収入の場合には下記で計算するように、一定の所得税・住民税が引かれるため実質の手取り額が目減りします。
ごっそり税金をとられる医師にとってとくにメリットがあるわけです。

一方ギフト券は現金よりも価値が下がります。
例えば「現金1万円」と「図書カード1万円」がある場合、当然現金のほうが価値が高いです。
現金であれば1万円分の本を購入することもできるし、全く別の用途にも使えます。ありとあらゆる「1万円相当のもの」と等価交換することができます。

いつも言っているように、現金は流動性においてもその価値においても、最強の資産です。
図書カードは本の購入にしか使えません。
金券ショップに図書カードを買い取ってもらう場合、額面の90%程度でしか買い取ってもらえないのはそれだけ価値が下がるからです。

Amazonギフト券ならほとんど何でも購入できる


Amazonギフト券の価値はどうでしょうか。
いまやAmazonで買えないものはほとんどなく、本だけでなく家電・食品・家具すら買えてしまいます。
日常生活に必要なものはほぼすべてAmazonで揃う(しかも店舗で買うより安いことも多い)といっても過言ではありません。

そういう意味で、Amazonギフト券はAmazonでしか使えない”通貨”ですが、その価値はもはや現金とほとんど変わりがありません

現金収入との比較

1年間きちっとこの方法を施行できればAmazonギフト券を20万円分稼げます(前年実績)ので、それを前提にして現金収入との比較を計算してみます。
(Amazonギフト券と現金が等価だと仮定します)

現金収入には所得税(累進課税)+住民税10%が課税されます。(復興税はわずかなのでここでは無視します)
配偶者や扶養者の人数などで個人差はありますが、概ね

◆額面年収700~1100万円程度 なら 20%+10%=30%
◆額面年収1100~1400万円程度 なら 23%+10%=33%
◆額面年収1400~2300万円程度 なら 30%+10%=40%

の税金が収入に対してかかります。

つまり、もしも実質手取り20万円分の現金収入を得ようとする場合は

◆額面年収700~1100万円程度 なら 28万6000円
◆額面年収1100~1400万円程度 なら 29万8500円
◆額面年収1400~2300万円程度 なら 33万円3300円

の所得が必要になります。

ギフト券の形で入手するということは、実質的には課税所得を控除できることになります。
つまり間接的な節税になるので、ふるさと納税(詳しくはこちら)やiDeCo(詳しくはこちら)なんかと同様に高所得者ほどその効果額が高まります

株を持っている場合に配当金には課税がありますが、株主優待は課税されず間接的に節税になるのも同じ理屈です。

実際のところ

年間で稼ぎ出すトータル額は知れていますが、時間効率に優れたかなりお得な方法です。
私が実際にやっている感覚としては、慣れてくれば1時間あたりギフト券10000円分程度の効率になります。
節税額を考慮すると、手取り収入換算ではさらに価値が上がります

しかもスマホやタブレットでもある程度可能なので、通勤時間やちょっとした待ち時間を有効に使えます
私は朝の通勤中のバス車内で読書前に実践していますが、課金ゲームに勤しむ大学生の隣でコツコツお小遣いが稼げます。”朝のおつとめ”のような感じで習慣化しています。

同じ場所で同じだけ時間を過ごしていても、お金が増える者・減る者が居ます。1日1日の額は少しでも、毎日が積み重なっていくとその差は決して無視できません

「スキマ時間でできる医師の副業もどき」具体的なハウツーマニュアル

noteにクローズドな形でノウハウを置いてあります。
新しい方法やちょっとしたコツは、思いつくたびに少しずつ書き足しています。

絶対額としてはそこまでインパクトは大きくないかもしれませんが、効率の観点からはかなり割がいいです。空き時間や通勤時間すらお金を生み出すことになるからです。

有料にしてありますが、きちんと実践すれば購入費用の元は容易に取れます。
ノウハウの半分くらいを無料開放することにしました!!↓

<<【医師限定の隠れ収入】Amazonギフト券を年20万円、時間をかけずに稼ぐ方法>>


【医師限定の隠れ収入】Amazonギフト券を年20万円、時間をかけずに稼ぐ方法」への6件のフィードバック

  1. お世話になります。アマゾンのスキームは医師限定でしょうか。サラリーマンだと無理でしょうか。

    返信
    1. Dr. Koala 投稿作成者

      コメントどうもありがとうございます。
      残念ながら医師免許が必要になる方法なので、一般のサラリーマンの方では不可能です…。

      返信
  2. マイケル

    研修医二年目です。
    これほんとにすごい。
    まじ感謝です、ありがとうございました。

    返信
    1. Dr. Koala 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      毎年毎年ギフト券を生み出してくれるので、2年目で気付けたのは大きいと思います。
      教科書や日用品への支出が激減します。

      たくさんのライフハックがあるので、他の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

      返信
  3. あき

    はじめまして。
    40代、精神科のものです。
    投資やライフハックの記事を興味深く読ませていただいています。
    先ほどNOTEを購入させていただき、いろいろな設定をしているところです。
    秘密のURLをお教えいただきければと思います。
    よろしくお願いいたします。

    返信
    1. Dr. Koala 投稿作成者

      ご購入ありがとうございました。
      提示いただいたメールアドレスに秘密のURLを送付いたしましたが、届きましたでしょうか。
      届いていなければ、迷惑メールボックスもご確認ください。
      (使い捨てのメールアドレスを使って送信したので、返信がある場合はメールではなくこちらのコメント欄にお願いします)

      ぜひ医師免許を活用して、隠れ収入をゲットしてくださいね。

      これからもぜひ遊びに来てください。

      返信

コメントを残す