医師の節税 総論

所得の多い勤務医ですが、給与体系としてはサラリーマンです。
自営業と異なりサラリーマンの所得はガラス張りとなっており、税務署からは容赦なく税徴収を受けます。昨今の所得税増税も、高所得サラリーマン狙い撃ちです。

節税スキームも自営業に比べかなり限られていますが、だからこそ合法的な範囲で抜かりなく対策しておくべきです。
そして累進課税制度がとられている以上、高所得であればあるほど節税の効果は高まります。

ここでは、給与所得の多い医師に適した節税方法をまとめます。
誰にでも可能な、手軽に行えるものをピックアップします。

「ふるさと納税」 最優先!

ふるさと納税は、知名度が高く既に始めている方も多いかもしれません。
ふるさと納税は行政の立場からのネーミングですが、消費者からみるとその本質は「所得連動型カタログギフト」です。
たった2000円負担するだけでさまざまな還元が得られる、最優先で行うべき節税法です。

医師の節税 ふるさと納税は最優先!

「iDeCo」 高い節税効果!

iDeCoはその節税効果の割にはまだ広まっていません。
一方でシステム的には高所得者ほどメリットのある制度で、医師への適性は非常に高いです。

医師のiDeCo

「保険料控除」 お好みで

ここから先は優先度が下がります。
保険という商品自体への是非もありますが、節税効果を加味すると状況が変わります。
自身のライフプランに合う商品があれば、検討に値します。

【保険料控除】給与所得を減らして節税する

私が実際に契約している、おすすめの保険です
※これら保険会社からのキックバック・報酬は一切ありません。当管理人による中立的な記事です。
JA共済 ライフロード
明治安田生命 じぶんの積立

「NISA・つみたてNISA」 お好みで

同じく優先度は下がります。
私は投資自体が好きですしそのリターンにも期待していますが、それを許容できない人もいます。
NISA・つみたてNISAには元本割れリスクがあり、リスク許容度に応じて利用するとよいでしょう。

医師にとっての、投資一般論です。NISA制度を活用するならこちらも参考になります↓

医師が投資をすべき理由

まとめ

とにかくまずは「ふるさと納税」 次に「iDeCo」を検討しましょう。
そこから先は、投資方針やライフプランに依ります。

また他にも、医療費控除・特定支出控除・住宅ローン控除などさまざまな方法があります。しかし上記の誰でも簡単に行える節税だけでも、長期間でみると大きな節税効果を見込めます